シングルマザーのリアルなブログ。

2人の幼い男の子を持つシングルマザーの生活を、お金・育児・仕事・生活などすべて詳しく書き込みます。大変だけど、毎日幸せです。

児童扶養手当(母子手当)が年6回の支給へ!所得制限額も引き上げ!

f:id:snow334499343:20190904160902j:plain

現在、年に3回(4ヶ月に1回)の「まとめ支給」がされている児童扶養手当(母子手当)が、2019年11月から段階的に年に6回(2ヶ月に1回)の支給へ。ということになりました!

f:id:snow334499343:20190904160925j:plain

→平成31年11月から、支払回数が年3回から年6回に変わります。厚労省

児童扶養手当は、ひとり親家庭等に支給されている手当。

所得制限が細かく決められており、子供の人数や所得額によって受け取れる額は変わってきます。

現在の支給方法は、年に3回(4・8・12月)、4か月分がまとめて口座に振り込まれる形です。

子供2人を育てるシングルマザーの私も支給を受けています。

とてもありがたい!

ありがたいのですが、この「4ヶ月に1回」ってなんで?って思われていた方、多くありませんか?

合計の支給額が同じでも、これが月々の支給ならもっと計画的にうまく使えそうなのに・・・。と何度か思ったことがありました。

情けないですが、全額貯金!が目標でも、なかなかいつもそうはいかないです。

私の他にも、「支給月はいいんだけど、次の支給までに使い切ってしまう」とか、「まとめ支給はやりくりが難しい」など、思わず「うんうん!」と大きくうなずいてしまう書き込みもいくつかありました。

4ヶ月に1回だと、離婚して児童扶養手当の手続きをしても、最長で5ヶ月近く待たなければいけないこともあるようで・・・。

子供が小さいなどですぐに仕事ができない方や、収入の少ない方は本当に困りますよね。

 

児童扶養手当を年3回支給→年6回支給へする目的

f:id:snow334499343:20190904160957j:plain

児童扶養手当を年6回支給にする目的は、

  • こまめに受け取れるようにすることで、家計管理しやすくする。
  • 支給日の間で使い切って困ることがないようにする。
  • 家賃などの毎月の支払いに合わせられるようにする。

などが挙げられています。

なぜ毎月支給にならないの?と思ったりもしますが、毎月の支給にすると自治体の作業がとても大変になるようで・・・。

とりあえず2ヶ月に1回、そしてさらに需要があれば毎月になったりするのかな?

でも4ヶ月に1回→2ヶ月に1回になることで、助かる人はきっと大勢いますよね!

もちろん、私もその1人です。

 

児童扶養手当は、いつから2ヶ月に1回の支給になるの?

児童扶養手当が2ヶ月に1回の支給になるのは、2019年11月の支給から。

もうしばらく先ですね。

f:id:snow334499343:20190904161033j:plain

→平成31年11月から、支払回数が年3回から年6回に変わります。厚労省

今までは、4月、8月、12月と4の倍数である偶数月に支給されていたものが、1月、3月、5月、7月、9月、11月と、全部の奇数月に支給されることになります。

太枠で囲んである月は、8月に提出する現況届から算出される支給額の支払い開始月です。

 

児童扶養手当を満額受け取れる人が増える!

f:id:snow334499343:20190904161103j:plain

そしてもう一つ嬉しいニュースが!

児童扶養手当には「所得制限限度額」というものがあり、所得によって支給される額が細かく決められています。

その「所得制限限度額」が、2018年8月から引き上げられたんです!

(詳しくは→児童扶養手当(母子手当)の支給金額と要件、計算方法は。

2018年7月までは、子供1人のひとり親家庭の場合→「年収130万円(所得57万円)未満で児童扶養手当は満額支給」されていましたが、2018年8月(2018年12月支給分)からは「年収160万円(所得87万円)未満の場合に満額支給」となりました!

ということは、満額受け取れるひとり親家庭が増えるということ!

この改正によって、満額支給される受給者は約15万人増えるとか。

私たちにとっては嬉しい改正ですね。

また、平成31年度からの支給額も改定されています。
少し増えているんですよ☆ありがたい!

もう一度、自分がいくら支給されるのか確認してみましょう。

児童扶養手当(母子手当)の支給金額と要件、計算方法は。

 

生活の安定を目標に。

児童扶養手当を受給している家庭は、全国で100万世帯以上になります(2019年3月)。

私もそのうちの1世帯なんですが、そんなに母子家庭(父子家庭も)があるんだ!ということにビックリしました。

確かに周りにもひとり親家庭は多いです。

その全てが児童扶養手当を受給しているわけじゃないですが、シングルマザーや母子家庭の貧困がニュースになるような世の中で、子供の就学への援助や、今回の生活への援助など、本当にありがたいと感じますね。

支給回数を4ヶ月に1回→2ヶ月に1回にしてもらえると、今までより生活が安定する家庭が多くなるんじゃないかなと思います。

そして限度額が引き上げられることで支給額が増え、家計が助かる家庭が増えます。

なんか、応援してもらってるんだなーって、頑張ろうって思いますね。

受給するほうも、大切に使わせていただかないと!と思います。


ひとり親でも子どもは健全に育ちます: シングルのための幸せ子育てアドバイス (実用単行本)